自宅が予備校になるブログ

偏差値50程度の高校、しかもその高校の底辺が参考書にハマって現役で難関国立大学に合格した話。

【センター古文】参考書だけで9割・満点を狙える最強の勉強法

 

あなたはセンター古文で9割、満点を取るのは他の教科と比べて比較的簡単だという事実を知っていますか?

現代文同様にセンター国語は何かと対策が適当になりがちだという印象を受けています。実際、対策をする以前は4割程度の得点しか出来ませんでした。

「どのように勉強すれば得点が伸びるのか分からない…」という人も少なくないと思います。

 

そこで今回は僕が使用して飛躍的に成績が伸びた参考書を紹介し、更に効率的な利用方法も紹介していこうと思います。予備校の生徒にもオススメし、結果を残してくれています。

貴重な時間、絶対に無駄にはさせないのでぜひ参考にしてください。

【目次】

 

 

センター古文ってどうすれば点数が取れるの?

訳せればほぼ確実に満点取れると断言します。

模試等の日本語訳を確認してもらえば一目瞭然なのですが、超超超簡単な現代文のようなものです。

 

すなわち、文章中に出てくる単語・文法・古文の世界のルールが分かりさえすれば中学生レベルの国語の選択問題を解くようなものです。

 

「それがわからねぇから解けないんだぞ?」という罵声が飛んできそうですがご安心ください。今から紹介する参考書を使えば上記にある条件を全て満たすことができるようになっています。

 

1.古文単語勉強法

これから紹介する2つの古文単語の参考書は、古文アレルギーがあるか否かでおすすめするのがどちらか変わってきます。

読んで見て覚える重要古文単語315

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

読んで見て覚える重要古文単語3153訂版 [ 武田博幸 ]
価格:885円(税込、送料無料) (2017/9/11時点)


 

 

 こちらの参考書は

「古文結構好きかも」「勉強してても古文はそんなに苦痛じゃないなぁ」

という方におすすめしたいです。

逆に古文嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い…という人は飛ばしてもらってかまいません。

 

この参考書は単語の数が315個センター試験古文なら充分な語数をカバーしているかつ、敬語や助詞などの一覧表や古文常識や和歌などなど多方面においてカバーできているかゆ~いところに手が届く参考書なんです。

ひとことで言えば「優等生」です。

そうなんです。優等生なんです。真面目なんです。だから古文嫌いにはオススメ出来ないんです。

毎日持ち歩いて読み込むだけでも、これだけで古文の基礎知識はそろいます。

「古文単語は1日どれくらい覚えればいいのか?」

古文単語は多義語なので英単語のように1日100個とかは正直きついです。

 

なので1日30個ペースやりましょう。3週間で1週するペースです。

 

2.古文単語ゴロゴ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古文単語ゴロゴ [ 板野博行 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/9/11時点)


 

 

 この参考書、本当に大好きです。古文が大嫌いだった私を変えてくれた革命児です。

 

「古文やるか」「じゃあまず単語覚えるか」「つまんないやーめた」

というのが古文アレルギーが古文に挑もうとした時の大体のパターンなんじゃないかなと思います。

古文単語の語呂は本当に面白い。強烈なインパクトを脳に刻み込まさせられたので今でもゴロゴの語呂を口づさむことが出来ます。

イラストが付いているのが168個なのですが、それだけ覚えても満点は取れないです。(その168個覚えれば6割取れるよ…)

しっかり565個覚えきることが出来れば満点は、夢どころか余裕です。

これで暗記した後長文で使っていく間に古文嫌いが抜けていくのを実感してもらえると思います。

 

古文嫌いは放って置くとセンター試験当日まで引きずってしまう可能性が高いので今すぐ対処して欲しいです。

 

 

2.古文文法勉強法

古文文法ゴロゴ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古文文法ゴロゴ [ 板野博行 ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2017/9/11時点)


 

 

 

 さっき紹介した古文単語シリーズの文法バージョンです。

この参考書はゴロゴファンなら絶対に楽しめると思います。

なんとなくゆる~いような気がしますが、センター試験の文法問題の出題率の割合の高い順番で文法学習をすることができる計算高い参考書です。

文法学習に大切な繰り返し繰り返しということが可能なドリル形式になっており、お得意の語呂も多数収録されているので飽きずに楽しみながら古文を学ぶことが出来ます。

古文単語ゴロゴと古文文法ゴロゴを終えた時点で8割は取れてたって感じです。

 

富井の古典文法をはじめからていねいに


 

 

 こちらも古文嫌いの人にオススメできる参考書です。

 

割と薄いし内容はまとまってるしカラーなので読みやすくて確か買った初日で1週したなぁというようなかんじでした。

なんか会話形式で面白いんですよ。

この参考書を終えたくらいで古文が大好きな教科に変わってきました。

 

3.古文読解勉強法

 古文マンガゼミナール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古文パワーアップ版 (新マンガゼミナール) [ 大谷慎治 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/9/11時点)


 

 

 

「 いや、受験生にマンガおすすめするとかマジかよ」

と思ったそこの君。このマンガ、ただのマンガじゃないんですよ。

 

おじいちゃんおばあちゃん世代の常識ですら自分の常識とは結構違ってますよね。

じゃあ平安時代の常識ってどうなんすかね…

絶対全然違いますよね。

そんな平安時代の常識を楽しく完璧に覚えさせてくれるのがこの参考書なんです。これ一回読んでもらえば自分に賛同してくれる人しかいないと思うのですが、実際に古文読解をしていると情景が浮かんでくるようになります。

「背景知識なんて全然知らねぇよ」

なんて人にぜひとも使ってもらいたい参考書です。

 

富井の古文読解をはじめからていねいに


 

 

 さっき文法でも紹介した富井先生の古文読解バージョンです。

さっき紹介した漫画と同じように楽しく読むことができるのにも関わらず古文の点数をメキメキと上げてくれる参考書です。

 

4.演習

実際に問題を解いていくのもとても重要です。


 


 


 

 

 

 この辺の参考書を使ってガンガン演習していってください。

この全過程を終えたあたりで筆者は9割を切ることはほとんどなくなりました。

 

5.まとめ

古文嫌いな人たくさんいると思いますがさっき紹介した勉強方法を信じて頑張れば絶対結果は付いてくるから頑張ってください。